FX
◆ちょっと真面目blog始めました。 次項有コチラ
◆Follow me twitter次項有 hdr_twitterlogo.gif

2009年04月05日

幸せへの道

騒がしい出来事が過ぎ去り、何も被害がなくて
よかったね。今後の対応が気になるところです
が、一安心ってとこですかね。

景気が悪くなり始めて、数ヶ月。私たちの周り
では、さまざまな社会問題が巻き起こってます。

先日、キャリアカウンセラーの方とお話をさせ
ていただく機会がありました。
この方は企業を解雇されたり早期退職された方
の再就職を支援する会社にお勤めなのですが、
再就職を希望される方でちょっと困った人がい
るとのことでした。
それは、自分の意見や理論を持たない(言えない)
方が、若年層ではなく、中高年50代の方でいら
っしゃると言うことでした。
そのような方はどうしても再就職がなかなか決ま
らないようです。
キャリアをそれなりに何十年も積み重ねてきたわ
けですから、理論や考えを持っているのが当たり
前なのですが、それが表現できないというもの。
面接の際に事前にレクチャーをされるらしいので
すがなかなか上手くいかないみたいです。

やはり、自分の意見・理論・思想などはしっかり
持っておく必要があると思うし、それを正直に表
現する力を身に付けておくべきとあらためて感じ
ました。


そんな話をしている時にこんな本を読みました。

年収崩壊―格差時代に生き残るための「お金サバイバル術」 (角川SSC新書)

テレビでお馴染みの経済アナリスト 森永卓郎さんの本。
2007年10月に出版されているので、現在における大不況
前に書かれていますが、年金のことや生命保険のこと、
預金のこと、老後のこと、節約のことなどが、参考にな
ります。テレビで見る森永さんのトーク同様、文面も優
しいフワッとした印象で、読みやすかったです。

この本の最後に書かれている
「そこそこに稼いで、ほどほどに暮らし、何かに熱中でき
る物を持つ。それが幸せへの道だと思うのです。」

これがこの本の最大のポイントを僕は思いました。
ラベル:読んだ本
posted by yoshi at 14:02| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック